Psychic Organ 【サイオーガ】


by e-_-o

初恋の人からの手紙

まーく、ひさしぶり。
もう旅先で模造刀を買うクセは治りましたか?修学旅行の貴重なおみやげ代を模造刀に注ぎ込んだまーくを思い出すと笑ってしまいます。

私に好きな人ができ、まーくが「あ、おれもちょうど告白されたんだった」と強がってお別れすることになったあの日から、もう27年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

あのころの付き合いを思い返すと、わりと私はまーくに迷惑ばかりかけていたなぁと思います。男子の友達が多くてわりと告白もされやすい私に対して、まーくは女子とも接点がなく、ネガティブにさせてしまったなぁと反省しています。よくまーくは「おれのどこがいいわけ?」って聞いてきましたよね。今でも答えは見つかりませんが、何か答えてあげればよかったのだと今になって分かりました。

私にとっては何人目の彼氏だったかなぁ…覚えてないけど、まーくにとっては初恋でしたよね?そうそう、最初のころはまーくが慣れてなくて、いちいち毎回「キスしていい?」とか聞くから、ほんと面倒くさかったなぁ(笑)。勇気が無いわりにキスの勢いだけがすごかったのを覚えています。

まーくの告白って、いきなり「付き合ってほしい。いつか結婚してほしい」でしたよね。それに引かずにOKすることができた私を思い出すと、正常な判断能力がなかったなぁと恥ずかしい気持ちになります(照)。

総括するなら、まーくと付き合えたことは、とても感謝しています。特にまーくとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はまーくのことがそれでも好きでした。これからもまーくらしくいられるよう、そして当時のように森進一の顔マネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 当時ムーンウォークをやたらやっていたけど、前代未聞の下手さでしたね…。


初恋の人からの手紙
[PR]
by e-_-o | 2009-03-20 22:23 | 雑想